腰痛 肩こり 横須賀 坐骨神経痛 全身疲労 骨盤体操指導 ふれあい整体院
股関節・恥骨・尾骨・の痛み

スポーツや激しい運動、長時間の座り仕事などで股関節・恥骨・尾骨を痛める例も多いのですが、
女性の場合には出産のために、骨盤の形が男性に比べて四角形に作られています。
大腿骨の骨頭を納める股関節の臼蓋が浅く、小さくなっているので臼蓋形成不全になりやすく、
体重を掛ける面が少ないので負担が大きくなって軟骨の減り方も増していき、変形性股関節症の一因になっています。


妊娠中や産後も続く尾骨痛・恥骨痛に悩まされている方は多いのですが、
この時期はしょうがないと我慢しているようですが、これらは仙腸関節・股関節・恥骨の調整で改善できます


(うつぶせ姿勢や恥骨に施術者がじかに触れることはありませんのでご安心ください。)


かなり取りづらい痛みですが!「妊娠中、産後も続く尾骨痛」

■2015/12/15 かなり取りづらい痛みですが!
「妊娠中、産後も続く尾骨痛」

妊娠中は特に痛みが酷く、産後も引き続いて、少しは楽にはなってきてはいるけれど痛みはある。
本日の方は産後です。
立位での前屈、後屈、側屈、屈伸などは痛みは無し。
仰向けから起き上がる動作と、右ひざを屈曲した状態で左肩の方にひざを持っていくと、かなり尾骨に痛みが出る。
以前のブログで、
「痛い部位は周辺の筋肉が逆方向に引っ張られている」と書きました。
矯正するには「逆方向に引っ張られている筋肉を痛い部位に向かって近づけてやる」のです。
この方も尾骨の近くの筋肉を尾骨に向かって押し下げてやりますと、
「仰向けから起き上がる動作で痛い」が消えていました

狐につままれた様子で、無理に痛みを探していましたが、
この手技はなかなか取りにくいと云われる
「尾骨痛」にも効果があります。

また、
仰向けで右ひざを屈曲した状態で左肩の方にひざを持っていくと、かなり尾骨に痛みが出る。」 症状には
「仙腸関節のAKA」を試みたところ、 痛みが消失し、かなり驚かれていました。

産前産後、妊娠中で腰痛はなくても、尾骨や恥骨が痛い方は多いと思います。
出産時はしょうがないんだと諦めず、ぜひご相談ください。


片ひざを胸の方に抱こうとすると股関節が痛い!
■2015/07/07 片ひざを胸の方に抱こうとすると股関節が痛い!
腰痛のある方に股関節の状態をみることは大切です。
股関節に可動制限があり、それが腰痛の原因になることは珍しくはありません。
仰向けで「片ひざを胸の方に抱こうとすると股関節が痛い」女性は腰痛持ちでもありました。
アプローチの仕方は色々ありますが、
今回は AKA(関節包内矯正)を行いました。
ほんの1分くらい仙腸関節を調整しただけですが、股関節の痛みが取れ、かなりビックリされていました。
股関節の痛みとはいえ、そこへはまったくタッチせず、仙腸関節を調整するだけで痛みは消失します。
当然、腰痛も改善します。
腰痛・股関節痛でお悩みの方は ぜひAKA(関節包内矯正)をお試しくださいね。


股関節が硬い(*´ω`*)   「開脚やあぐらがかけない」
■2015/04/21 股関節が硬い(*´ω`*)   「開脚やあぐらがかけない」
「股関節が硬い」という人がよくおっしゃるのは、「生まれつき硬いので仕方ない」とかです。
でも、「臼蓋不全」などの構造上「異常なし」の場合には「開脚やあぐらがかけない」などの症状を諦めることは全くありません。
特にまだ50歳前の方は必ず出来るようになります。
先日いらした女性も、随分前から「股関節が外側に開かない、開脚ができない」と云われたので、 「股関節の骨頭を調整」したところ、「ストン」と開くことができました。 他にも、「仙腸関節」や「腰椎」からアプローチする方法もあります。 「生まれつき硬いので仕方ない」と諦めている方で、ストレッチのみで対処してきたのでしたら、 別のアプローチの仕方がありますので、ぜひご相談くださいね。


股関節の制限!!  「上向きで寝ると、右腰が浮く」
■2014/10/08 股関節の制限!!  「上向きで寝ると、右腰が浮く」
先日、
「上向きで寝ると、右腰が浮く」と訴える女性に、「骨盤前傾の矯正」プラス「大腰筋の緊張緩和」を軸に施術をしたのですが、今一つのご様子。
そこで、右股関節の可動テストを行った処、
左股関節に比べて、外旋にすこし制限がありました。
矯正後は見事に「右腰が浮く」が解消しました。
「股関節の外旋制限」で「腰が浮く」は、 私の勉強・経験不足なのでしょう、初めてです。
「股関節が痛い」のなら、判る気もしますが。
でも、こういう経験のひとつひとつが 大変、貴重なのだと思っています。  (^^♪


椅子生活だから平気だけど。(*´Д`)「あぐらが出来ない」 ■2014/10/03 椅子生活だから平気だけど。(*´Д`)「あぐらが出来ない」
生活様式の変化で、日本人の足腰が弱体化しているのか「あぐらや正座、かかとを付けたまましゃがめない」人が多くなっています。
出来なくても困らないので、特に気にしない。
でもですよ。
出来ないということは、足首・膝・股関節・腰・などが、本来の姿ではないということです。
「あぐらが出来ない」のは 「内ももが硬い・股関節のはまり具合が悪い・腰椎の柔軟性が乏しい」など考えられますが、
放置したまま歳をとりますと、更に悪い状態に拍車がかかり、
「椅子生活だから平気だけど」が、「椅子生活でも痛い」になってきます。
本来なら出来て当たり前の動作がしずらい方は、早めに対処なさってください。
腕の上がりや首の動作も然りです。
痛みが出ていない今であればこそ、 「やるなら、今でしょ」(^^♪


動画のも効果ありますよ「急に走ると股関節が痛い」 ■2014/09/27 動画のも効果ありますよ「急に走ると股関節が痛い」
動画の方法は、体の1部分の動きの悪さを、体全体の動きと同調させて改善していく方法です。
「立っていても股関節が痛い」
「急に走ると股関節が痛い」
などの方に非常に使えるテクニックです。
ぜひお試しください。


これはいいかも!!  座ると痛い「尾てい骨痛」 ■2014/07/25 これはいいかも!!  座ると痛い「尾てい骨痛」
なかなか治りずらい症状に「尾てい骨痛」が挙げられます。
症例としてはかなり少なく、実際には「坐骨痛」だったりすることのほうが多いです。
当院でも以前なかなか改善できなくて歯痒い思いをしたこともありますが、
最近かなり効果がある方法を、「尾てい骨痛」の患者さんを施術して開発しました。
もちろん1,2回で完治というわけにはいきませんが、その患者さんの場合はその場でかなり効果がありました。
3回目の来院時にはほとんど「尾てい骨痛」は治まっている様子で、身体のほぐしがお望みのようでした。
「尾てい骨痛」でお困りの方、ぜひご来院なさってください。


場所は近いですが(*´Д`)  「股関節痛」と「恥骨痛」 ■2014/07/07 場所は近いですが(*´Д`)  「股関節痛」と「恥骨痛」
立った状態で膝を曲げて外に広げると「股関節が痛い」
よくある症状でその場で解消することがほとんどですが、
「少し楽になった感じだけど、やっぱり痛い」とのこと。
何か変だ。
その男性の痛くて押さえている場所が、股関節より、むしろ股間に近い。
あおむけで恥骨を押してもらうと「イテテテ」。
股関節の施術をしても、いまいちのはずです。
そして「恥骨痛」の施術をし、立って痛む動作をしてもらいましたが、痛みは消失していました。 場所は近いですが、施術法は異なります。


90%知らない!「お尻・脚うらのしびれ・痛み」と「股関節」 ■2014/05/28 90%知らない!「お尻・脚うらのしびれ・痛み」と「股関節」
腰椎ヘルニアや臀部の筋肉(梨状筋など)の緊張でお尻・脚うらのしびれ・痛みが発症するというのが、一般的には言われています。
が、案外と見落とされている原因に、「股関節の詰まり」があります。
仰向けで膝を曲げて、色々な方向に脚を動かしてみてください。
動かしにくい方向がありましたら、それを解消することで、お尻・脚うらのしびれ・痛みが緩和することも多いです。

、股関節の動きが今一つ悪いという方は、是非ともご相談くださいね。(^^♪